Posts Tagged 努力

仕事と「育児」

Posted in | No Comments »

女性の仕事と育児の両立は私達が考えている以上に難しいことなのかもしれません。子供を預ける場所の問題や料金、アクシデントに対応するのは母親だけ?と問題を上げるときりがありません。そして親だけでなく子どもへの影響も考えると、どうしたらいいのか分からなくなります。子どもへの影響の一つに、子どもを早くから団体生活に慣れさせる方がよいとする意見と、ある一定の年齢までは母親と一緒にいることがよいとする考え方があるそうです。子どもの性格にもよるでしょうが、できればある一定の年齢までは母親と一緒に生活してもらいたいものだと思います。

「働くママさん」達がどう考えているのか、アンケート調査の結果を見てみると。
「今の仕事を続けたい?」と聞かれて「続けたい」と答えた人が7割だそうです。経済的な理由だけでなく自分の仕事に対する姿勢でもあると思いますからうなずけます。

また続けられないと思う理由で一番多いのが、「パパが忙しくて育児に協力的ではない」、次が「子どもを預ける保育園が見つからないし実家に子どもを預けたいが協力をお願いできない」、「残業が多くて両立はできそうにない」などがあがっています。

ではどうするのか?
一番多いのが「働くことを辞めざるを得ない」、次が「子どもの預け先をもう一度探す」、「両立ができる会社へ転職」、「上司と相談をして両立できるようにしてもらうか、転属を願い出る」と続いています。どの方法も女性の仕事や自分自信が犠牲になることで解決しようとしていることが分かります。「働くことを辞めざるを得ない」、「転職か転属するか」と聞くと、やはり女性が犠牲にならなければいけないのかと切なくなりました。できれば父親への家事・育児への協力と援助が欲しいところです。

さらに子どもが保育園や幼稚園を卒業して小学生になると、低学年の内は午後の授業が早く終わってしまうのをどうするかという問題です。一番多かった答えは、「まったくまだ考えていないし、よく分からない」で、これではすぐ困ってしまうでしょう。次が「小学校の近くに学童保育があるのでそこに預ける」、次が「実家に応援を頼む」でした。結局家族の誰かに協力をお願いしなければ、夫婦や他の施設では賄いきれないことの方が多いし、子供を巻き込む犯罪も多いから信頼できる誰かに協力を仰ぐことが一番です。

育児支援は本当に広がってきています。自分で出来ることをしっかり取り組んで、どんな手助けがいるか?しっかり考えて行動したいと思います。